占いネタ 占い体験談

【体験談】除霊って何?霊能者の除霊につきあった経験から考察……

投稿日:2017年10月27日 更新日:

今回は霊を扱う記事なので怖いのが苦手な方は閲覧注意です!

廃墟

よくTV番組などで心霊スポットに霊能者と一緒に行くという企画が放送されていますよね。
私はあれを見るたび「ヤラセだろう」と半分安心していました。

適当な空間を見つめて九時切りをしたり、壁の隅を指差して「ここに女の子が座っています」と言ってみたり。
どれだけ幽霊がいると言われたって、見えない人にとってはただのポーズ。
霊能者なんて、ちょっとお化け屋敷が得意で、ジャパニーズホラーに抵抗のない人だったら演出次第で誰でも騙れるんじゃないかなーなんて...。
そう思っていた時期が私にもありました。

しかし、今では違います。
霊能者が目を細め宙を視る様子が映し出されると慌ててチャンネルを変える始末。
今回は私が霊能者に対する態度が180度変えたある体験をご紹介したいと思います。

― 目次 ―

  1. 霊能者の除霊にお付き合いした話
  2. 【実録】除霊見学
  3. 霊能者によって霊の表現は様々
  4. 電話占いで「除霊」は出来ないと思った方が良い

霊能者の除霊にお付き合いした話

もともと霊的なものやスピリチュアルな世界に興味があった私ですが、私が霊能者の能力に素直に畏れを感じ、信頼できると思えるようになったのはズバリ、霊能者の除霊にお付き合いした経験からでした。

ある夏の夜。私が夜のお店で働いていた頃の話です。常連のお客様の中に僧侶がいてその僧侶に心霊話を披露してもらっていたんですね。
葬儀の際に木魚を叩いてたら耳元で「ありがとう」と言われただの、亡くなったお父さんがずっと娘さんの背中をさすっている様子が視えたといったような、「坊主が語る!本当にあった怖泣きしちゃう葬式話」がメインだったのですがふと、「俺の知り合いにガチの霊能者がいる」という話題になりました。

なんでも僧侶の所にたまに何かの祟りや霊障に悩んでいる人が訪ねてくるらしく、そういう時は必ずその霊能者を紹介しお祓いや除霊をしてもらっているのだそう。
「うそだー」と言った私たちに、僧侶は「本当だよ、なんなら今から呼んでやる」とムキになった僧侶は、スマホを取り出しあっという間にその霊能者をお店に呼んでくださったんです。

霊能者村井さん(仮)が到着っ!

少ししてからお店に来てくれた霊能者(仮に村井さんにしますね)は50代半ばのおっちゃんで、ジーンズにTシャツというかなりラフな格好。体は鍛えられていて、スポーツジムに通っていそうな綺麗な筋肉の付き方をしていました。

「いきなり霊能者って言われたってねぇ...。」
その時の私は、「酔っ払いの戯言に付き合ってやろう」くらいのノリだったのですが、席に着いた村井さんが話す「霊体験」にだんだんお店のトイレに行けなくなるという事態に。
詳細はなんだか書いたら悪いことが起きそうな予感がしてかけないのですが...、

  • とにかくリアル
  • 聞いているだけで「これは聞いたらヤバイ」と意味の分からない危機感にさらされる
  • 嬢一人の過去と家族の関係を当てる

という3つの事象を目の当たりにし、私はもう村井さんの霊力は本物だと信じて疑いませんでした。

特に嬢一人の過去と家族の関係を当てたのには背筋が凍った

上記で触れたのですが、村井さんが本当に視えているんだなと感じたのは、一人の女の子の過去と家族関係を当ててしまい、女の子が泣き出すという状況に遭遇したからなんです。
これは書けそうなので、説明いたしますと、村井さんの霊体験を聞いていた一人の女の子が「じゃあ村井さんは霊が視えるっていうねんな」とからかったんですよね。
元々怖い話が苦手なタイプで信じてもいないという子だったので、ちょっと鬱陶しそうに話を切ったんです。すると村井さんはその子を見つめて、「視えるよ。君のお父さんも視える。」と一言。
女の子の表情は固まり、真顔になってしまいました。

「何が視えるっていうんっ!!?」

急に声を荒げた彼女に、村井さんはうんうんと頷き、「わかってるやろ、言うてもいいんか」と一言。周りにいる私たちは意味が分からず、二人の様子をうかがいます。
女の子が「言うてみーや」と言った後、村井さんはこう話し始めました。

「ほな言うけど、あんたのお父さん自殺したんやんな。あんたが心配やってそこにずっとおるわ。まだ**から***してるわ。」

****の部分はお父さんの生々しい死の様子が分かってしまう言葉だったので伏字にしますね。

その瞬間、女の子は「嘘や!怖い....。」と言って泣き出し、場は騒然としてしまいました。

良く聞いてみると、その子のお父さんは過去に自殺してしまいお母さんはその衝撃で入院し療養しているのだとか。自分のせいでこんな風にしてしまったというお父さんの思いが、彼女をずっと見守るという形をとっていたのだそうです。
もちろん彼女は誰にもそのことを話していません。
つまり、村井さんは視たままの事を話していたという事で、私はもう村井さんの能力を信じるしかありませんでした。

悲しむ女の子

村井さんに除霊の様子を見せてもらう事に

怖がりなのに見たがりというややこしい性質の私は、ついに村井さんと連絡先を交換してしまいました。そして彼の除霊の様子を見学させていただくことになったのです。

除霊の予定があると聞き、同伴を申し込んだときはてっきり断られると思っていたのですが、村井さんいわく「そんな怖いものではないし、ギャラリーがいるのも新鮮で良い」ということで、即OKしてくれました。笑

そして除霊当日。村井さんは近所の会館を借りて、相談者さんを待ち構えていました。
特に法衣を着ているわけではなく、Tシャツにジーンズという普通の格好の村井さん。「本当に霊能者だよね?」と不安になりつつも、挨拶をする私。
「もし相談者さんから何か聞かれたらアシスタントですとでも言っておいて」村井さんはそう言ってニコッと笑いました。

今回除霊に来る相談者さんは40代くらいの女性だそうです。
最近なんとなく嫌なことが起きるようになり、夜も眠れずおかしなものを視るようになったのだとか。それを影と表現していたのですが、その影がどんどん大きくなってきてしまった事で除霊を決意したのだとか。

  • 声がひたすら聞こえる
  • 自宅の階段のところで影がうずくまっている
  • 飲食店に入ったら合計人数より一つ多い水が運ばれてきた

この3つのポイントから「居る。憑かれてる。」と確信したそうです。

正直「幻覚じゃないの?」と言いたい気持ちを、3つ目の飲食店のエピソードが叩きのめします。
水が出てこなくてイライラすることはあっても、一つ多く出てくるなんてないですもんね...。

聞いているだけでも背筋が凍ったのに、今からその本人がいらっしゃるという事実が当時の私をどん底に突き落としたのでした。

さて、そうこうしているうちに相談者が現れました。
不思議なことにその人の詳細を今思い出すことが出来ません。赤いワンピースだったか赤いスカートを履いていたように思います。

ぼんやり思い出すのはかなりやつれた顔に骨ばった背中。棒の様な手足。
事前に村井さんから怖い話を聞いていたからでしょうか。とても不気味な印象を持ってしまってあまり顔を見ないようにしていたのかも...。

不気味なことが続いて精神的にもギリギリだと話す女性。
お風呂場も怖くて買い物も行けず、ずっと家に閉じこもり、それでも階段が無性に怖くなりホテルに泊まっているのだとか。しかし夜がずっと怖く眠れずに昼間に公園で眠っているのだと話していたことを覚えています。

公園で寝ているのは他に人がいる安心感で影と密室で二人きりになる事避けられるからなのだそう。「幻や幻覚だったらいいのに...。私には心当たりがない。怖い」とつぶやき涙を流していたことは覚えています。

除霊開始...意外と粛々と始まり、終わる...。

村井さんが借りた会館はよくある公民館なので、ただっ広い部屋に3人で向かい合って座りました。
お酒が一本真ん中に置かれ、その前に大きなお椀が置かれます。
そしてそのお椀にお酒がなみなみと注がれて、それに向って相談者の女性が頭を下げました。
村井さんが彼女の背中をさすって、何かお経の様なものを唱え始めると、女性がいきなり涙を流し始め、嗚咽をもらしたんです。

しかもしくしく泣いているのではなく、嗚咽という感じでした。
おいおい泣き出したものですから、静かでおとなしい女性の印象が全く変わりました。
女性は「先生、なんか変です。なんか変です。」と会いまで苦しそうに呻き、その度に村井さんが強く彼女の背中を叩くんですよね。

その光景はTVでよく見る除霊という感じだったのですが、髪を振り乱して暴れまわったり、口汚い言葉で霊能者を罵倒するというシーンはありません。
ただ涙を流し、激しく泣く女性と、その女性の背後で粛々とお経を唱えている村井さん。たまに彼女の背中をバシッと叩く...。という、思っていたよりも静かな感じで進んでいきます。
最後に目の前にあったお酒入りのお椀で女性が手を洗って、それでおしまい。

「君にはこんな霊が憑いている」と言ったり、ものすごい雄叫びをあげたりという事はありません。
「なんか拍子抜けかも」
相談者がお金を払って帰って行ったあと、私はそうつぶやきました。

すると、「何言うてんねん、これからがほんまの除霊やで」と村井さんが言い、お酒が入ったお椀をにらみつけました。

それからの光景はまさに除霊のイメージそのものでした。
よく霊能者がいる番組や、Youtubeなどで指で印を組む様子が放送されていますが、まさにそんな感じ。
さっきと違うピリピリした雰囲気と、強い口調が村井さんから発せられていました。

(どうしよう、身体が痺れてきた。)

私はあまりの恐怖に酸素を吸い過ぎたようで半ば意識が朦朧としてきました。
指先がしびれて、高い山の頂上にいるときのように空気が薄くなってきたことを覚えています。

「気を失ったらあんたが憑かれるで!邪魔だけはせんとってな!」

そりゃないよ、村井さん。
今思い返してもそう思います。
詳しい説明もなく、好奇心だけで来た私に「なんとか耐えろ、自力で頑張れ」と言ってのけるんですから...。

来てしまった事を後悔した上に、気絶したらやばいらしいという事実でますます恐怖感は増し、逃げようにも体が動かず、...。今思い出しても怖かったなぁと思います。
何とか気絶せず、息を吐くことに集中して意識を保っていましたが、その間村井さんとお酒の入っているであろうお椀をじっと見つめることになり...。

村井さんがお椀ではなく、かすかに上空(宙を見据える、というのでしょうか)をキッと睨みつけて印を組んでいるのが良く見えました。
その顔は蒼白で汗が流れていました。Tシャツも汗で張り付いています。
お椀に印を組む汗だくの中年男性。
想像するとシュールですが、当時は笑えませんでした。

気が付くと儀式は終わっており、村井さんはお酒の入ったお椀を両手で持ち、「よう頑張ったな。ごめんな。」と声をかけてくれました。
「ほんまは一人で居るのがちょっと怖ぁてな...。あんたが居てくれて良かったわ。」
村井さんがそういったのを聞いて、「霊能者でも霊が怖いんだ」と驚いたことを覚えています。

そして、お椀の中をみてびっくり。
儀式前は確かに透明だったお酒が白く濁り、なんだか魚釣りの後のクーラーボックスみたいな生臭い匂いを発していたのですから。

「これ、何...?」

と怯える私に村井さんは表情を硬くして、

「知らん方がええわ。」

と一言。

私はその日からTVの除霊シーンに鳥肌が立つようになり、魚釣りの生臭いクーラーボックスが大嫌いになったのです。

霊能者によって霊の表現は様々

その時の恐怖体験がかなり強烈だったため、その後村井さんとはあまり連絡を取らず、しばらくして私がお店も辞めてしまったのでもう会うこともありませんでした。
結局あのお酒の意味と、相談者さんにどんな霊が憑いていたのかは教えてもらう事は出来ず謎のままです。

一度聞いた時は「あまり人に言うようなもんじゃない。あんたも関わらん方がええわ。」とのことでしたが、もう何年も前の事なのでもうその嫌な感じも薄れたかなと感じます。

ただ、その後仕事やプライベートでたくさんの霊能者に会いましたが、この経験を話すと「あんた、そのお酒には触ってないやろね」と必ず尋ねられます。
想像ではありますが、もしかしたら悪いものをお酒に閉じ込めたのかもしれません。でもあの魚釣りのクーラーボックスみたいな生臭い匂い。磯臭さを数倍にも増幅させたようなどんよりとした匂いは。今でも忘れられませんね...。

村井さんは霊が憑いているのが「詳細に視える」という事だったのですが、私が出会った霊能者の人によっては「声が聞こえる」というだけだったり「色として(黒い影のように見えたり)感じる」という人も。
そしてその中の一人は「臭い感じがする」とおっしゃっていたので、私の感じた匂いは霊の匂いだったのかもと思いました。

ghostman

電話占いで「除霊」は出来ないと思った方が良い

私の経験上、除霊は距離的に霊と近かったり<なんかしら儀式をしたりと、霊能者のが負担を被るもののように感じます。ですから電話占いでしばしば「除霊」ができると謳っている方がいらっしゃるのですが、それは信用できないように感じてしまうのです。

もちろん遠隔でも正確に霊の事が把握でき、祓うことができる霊力の高い方もいらっしゃるかもしれません。ですが、そんな人は果たして沢山いらっしゃるのでしょうか。

占いと同じく除霊は証拠が視えないものです。

占い師が「あなたは霊に憑かれています」と言えば、憑かれているのかなと思うしかなく、「祓いましたよ」と言われても、祓われたことを確認することも出来ませんよね。
言ったもん勝ちの世界ですから、騙されてしまう可能性もなきにしもあらず。

安易にお金を払って後悔する前に、「除霊とは一体どういったものなのか・何を持って除霊とするのか」という事を確認したり、知識として自分で知っておく必要があります。

私が知っている「除霊」は現実にお酒が濁ったり、霊能者が死にそうな様子で儀式をしていましたし、出会った占い師の話では「この目で見ないと何が憑いているか正体がわからないから払えない」のと「体力を使うから電話占いの料金では対応できない。」という意見が多かったように感じます。

あなたも何か不思議な事や霊障があったりして困ってしまった場合は、電話占いではなく対面できる霊能者やお寺の僧侶に相談してみてくださいね。
この記事が少しでもお役にたてればとても嬉しく思います。

こちらの記事も読まれています!

まさかの出来事!!占い師、霊能者が霊を憑ける!?

著者情報

飯田唯
このサイトの管理人、飯田唯です。
ここでは渾身の体験レポートや電話占い・店舗占いの検証を徹底的にしていこうと思います!
飯田唯への相談・問合せはコチラ

飯田唯のイチオシ占い師

ウィル
ウィル

対面占いでも電話占いでもなかなか当たる占い師が見つからない...。
そんな占いジプシーのあなたに一度は試してほしい占い師が金魚先生です!!

数多くの占い師に視てもらった私がどんな人にもオススメできる先生です。

「飯田唯のHPを見た」とお伝え頂ければ、いつも以上に親身に相談に乗ってくれますよ^^

初めての方は下記からの登録、申込みで5,000円分無料で相談できます!!

期間限定なので終了前に相談しましょう!!

金魚先生相談申込みページ実際に金魚先生に占ってもらった!

飯田唯がおすすめする電話占いもチェック

私のブログにお越し頂いている読者様は「当たる占い師」「当たる占い」の情報を求めていると思います。
私は対面占いも好きですが、電話占いが一番好きです。
実際に試した上で、読者様におすすめできる電話占いをまとめましたので、無料ポイント分だけでも試して見て下さい★

今月のオススメ占い会社★

電話占いリノア

電話占いリノア

料金

全占い師150円/1分
(※一部1分200円の占い師さんがいます)

営業時間

365日24時間 年中無休

キャンペーン一覧

  • 初回特典・・・最大10分間無料
  • 通常特典・・・初指名5分間無料

電話占いを初めて利用される方には嬉しい初回特典が10分無料の特典が付いているので、お試しで始めるにはちょうどいいと思います!
さらに通常の特典として、初めて指名する占い師さんの鑑定5分間の無料が付いてきます!これは非常にお得ですね...!!

電話占いリノア
料金 全占い師150円/1分
(※一部1分200円の占い師さんがいます)
営業時間 365日24時間 年中無休
キャンペーン一覧
  • 初回特典・・・最大10分間無料
  • 通常特典・・・初指名5分間無料

電話占いを初めて利用される方には嬉しい初回特典が10分無料の特典が付いているので、お試しで始めるにはちょうどいいと思います!
さらに通常の特典として、初めて指名する占い師さんの鑑定5分間の無料が付いてきます!これは非常にお得ですね...!!

電話占いリノアの記事一覧

電話占いリノアのみなみ先生に結婚について占ってもらった!
電話占いリノアの人気No.1占い師、みなみ先生の鑑定はいかに! 私には将来を考えている彼がいます。 しかし、彼には娘がいて、再婚したら私はその子の母親になるという運命が待ち構えていて...。 「他人の ...

【完全保存版】電話占いLINOA(リノア)登録方法とサイトのまとめ
LINOA(リノア)の特徴から登録方法までご紹介いたします! 「誰にも相談できなかった悩みを解決したい。望みを叶えたい...。」 「...だけど、どうすればいいのか分からない!!」 そんな方にぴったり ...

電話占いリノア晶貴(アキ)先生のスペシャルインタビュー
先祖代々神事として活躍し、生まれながらの強い直観力。数多くの実績や相談者からの感謝の言葉。その『先生の秘密』についてお聞きしました。 私の持つ特殊な力で御相談者を前向きに進めるようにお手伝いさせていた ...

-占いネタ, 占い体験談
-

Copyright© 当たる電話占いランキングはコレ!飯田唯の占いジプシー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.