電話占い 電話占いヴェルニ

電話占いヴェルニの逸季先生(いつき)の体験談@読者より

投稿日:2017年10月6日 更新日:

今回は友人関係で悩む読者さんから占い体験談をいただいたので、ご紹介いたします!

皆さんこんにちは。関西在住の占いアドバイザー飯田唯です。
皆さんは友人関係で悩んだことはございませんか?年齢が上がるにつれて一度不仲になってしまうとなかなか元通りに修復するのは難しくなってしまいます。

仲良かったころに戻りたいと願う読者さんが占い師に相手の今の気持ちや今後の友人との付き合い方についてヴェルニの逸季先生に占ってきたということで体験談を頂いたのでぜひご覧ください!

ヴェルニ逸季先生PC画面
ヴェルニ逸季先生スマートフォン画面
鑑定料 380円/分 鑑定歴 23年 メール占い -
占術 透視 霊感 霊視 送念 霊感タロット スピリチュアル 祈願・祈祷 守護霊対話 易 姓名判断 四柱推命 東洋占星術 西洋占星術 九星気学
得意な相談 相性・ 結婚・ 離婚・ 復活愛・ 略奪愛・ 不倫・ 縁結び・ 年の差・ 遠距離・ 同性愛・ 三角関係・ 前世・ 金運・ 仕事・ 対人関係・ 家庭問題・ 子育て・ 運勢・ 開運方法・ パワーストーン・ ペットの気持ち
備考 ・初回登録無条件で1,500円プレゼント
・他多数プレゼントキャンペーン有
・申し出があれば、現状の相手の気持ち、運命式もリーディングいたします。
鑑定料 380円/分
鑑定歴 23年
メール占い -
占術
透視 霊感 霊視 送念 霊感タロット スピリチュアル 祈願・祈祷 守護霊対話 易 姓名判断 四柱推命 東洋占星術 西洋占星術 九星気学
得意な相談
相性・ 結婚・ 離婚・ 復活愛・ 略奪愛・ 不倫・ 縁結び・ 年の差・ 遠距離・ 同性愛・ 三角関係・ 前世・ 金運・ 仕事・ 対人関係・ 家庭問題・ 子育て・ 運勢・ 開運方法・ パワーストーン・ ペットの気持ち
備考
・初回登録無条件で1,500円プレゼント
・他多数プレゼントキャンペーン有
・申し出があれば、現状の相手の気持ち、運命式もリーディングいたします。

ご紹介するのは関西在住の30代女性のヒカルさん。
大好きな友人とふとしたきっかけで気まずくなってしまい、なんだか自分の気持ちが整理しきれなくて電話占いヴェルニの逸季先生に電話をかけてみたのだそう。
もともと占いやスピリチュアルなものというのを一切信じていなかったヒカルさんでしたが、逸季先生に相談して「人生観が変わった」とおっしゃっていました。
電話占いヴェルニの逸季先生はその暖かい声音と優しいトークはさることながら、「当たる」という口コミを多数お持ちの事で有名な先生です。
公式サイトでは口コミが300件を超えるほど。支持率が高い先生なんです。

電話占いヴェルニ逸季先生の口コミ

ヴェルニ逸季先生クチコミSS1

アプリの件で今日は何も手につかず一日を無駄に過ごしてしまいました。
線背は厳しいこともはっきり伝えてくださいます。
そんな先生にそこまで問題ではないと言われたので安心しました。
そして先生のソフトな声が大好きです。
癒されます。ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

ヴェルニ逸季先生クチコミSS2

初めての鑑定ありがとうございました。
ショックな現実でしたが、会って話したときは上手く気持ちを伝えようと思います。
ありがとうございました。

ヴェルニ逸季先生クチコミSS3

逸季先生には約1年お世話になっています。
ずっと今年の春頃いい変化が起きると言ってくれ、その通り結婚し、先日無事出産も出来ました。

近未来や彼の気持ちをよくみていただいてましたが、流れ通りに事が進んできました。

丁寧に向き合ってくれた先生に馬は感謝の気持ちでいっぱいです。

大好きな先生、幸せを一緒に叶えてくれてありがとうございます。

口コミや鑑定結果の感想などをまとめると、

  • 鑑定結果はしっかりはっきり伝える
  • 悪い結果でもその後の良い方向へのアドバイス
  • 相談者の相手の気持ちを読み取る力が高い
  • 声質や鑑定結果から前向きになることができる

というような口コミが多数ありました。
また先ほどの口コミにもありましたが、継続して逸季先生に相談される方も多くいらっしゃいました。
やはり、先生に相談して癒されたり、占い通りに事が進んで次も安心して相談が出来るというリピーターが多いみたいですね!

前置きが長くなってしまいましたが、今回寄せられた体験談を紹介いたします!

電話占いヴェルニの逸季先生の鑑定

相談者 ヒカルさん 30代女性
鑑定時間 約30分
相談内容 親友が同じ会社で働いていたが、環境が悪く突然辞めてしまった...。
元の仲に戻れるか心配。

飯田さん、こんにちは。ヒカルとと言います。
今回、電話占いでとても素敵な体験をしたのでそれを皆さんにご紹介して欲しくて報告レポを書きました。

こんにちは。逸季です。逸季先生

はじめまして。ヒカルです。ヒカルさん

ヒカルさんね。今日はどういった事にお答えしたらいいのかしら?

はい、実は親友の事で...。

親友さんね。どうかしたの?落ち着いて話してみてね。

はい。まず、私は「ミライ」という親友がいます。
その親友とはよく似ていて姉妹のように育てられました。ミライは服飾、私は事務とそれぞれの道に向って県外へ飛び出し、連絡を取りつつ別々のフィールドへ歩んでいきましたが、ある節目で同時に実家へ帰宅。
お互いに就職活動をするという縁に恵まれたんです。

はい。

それで、ミライと何度目かに集まった時、「どうせなら一緒に働こう」と話したことがきっかけで、ある小さな会社の事務員へと応募しました。
「どちらが受かっても恨みっこなしね」と話していたら、なんと二人とも受かってしまって、私たちは手を取り合って喜んで、一緒に働いたんです。

よかったじゃない。

はい。でも、未経験可。とにかく急募とあったので、はじめは「なんとなく怪しい」と思っていたんですが、やっぱり予感は的中...。

あまりよくなかったのね。

はい、とんでもなくハードスケジュールでレベルは高くて、同じ事務員さんもギスギスしていて「これは続かないな...。」と思うレベルでした。
でもまあ、愚痴っていても仕方がないので私たちは「一緒に頑張ろう」と誓い合い、お互いの存在を糧に協力して頑張り始めたんです。
夜遅くに集まって、仕事の中で分からなかったことなどを教え合ったり、「二人で上り詰めよう」なんて、ドラマみたいなことを話していたりもしていたんですよね。

なるほど。

それで、だんだん私たちの力が評価されてきた時、ある女性事務員さんから執拗に嫌がらせを受けるようになって...。

ああ、そうなのね...。

はい、私はそれでもミライが頑張っているからと負けずに出社をしていたのですが、だんだんミライが休みがちになって...。
そして「明日は重要な会社の会議」という日にミライはとうとう辞めてしまったんです。

ミライさんは貴女に相談もなく辞めた...と。

そうなんです。いつも明るく笑っていて。本当に体調が悪かったのかなって思うくらい。
...しかも辞め方が最悪で、二人で行動していた私は周りのかなり責められ、理不尽な扱いをされたんです。

ああ、さっき話していた事務員さんにも...?

そうなんです。その人すごく発言力があって、私も同じようにするんじゃないかって、みんなが思うように仕向けて...。

...辛かったですね。

はい、ミライは私に泣いて謝ってくれて、私もその場は許したのですが、なんとなく、その日から未来のメールや電話を避けてしまうようになりました。
嫌いなわけじゃないですけど、でも、私に相談してくれなかったことや勝手に...私に迷惑がかかるような辞め方で辞めた事とか。心に残ってしまって。

なるほどね。

元の友人関係に戻れるのかどうか、とても不安です。私たちは親友だし、これがきっかけで絶交なんてしたくないですし。
でも、なんかモヤモヤしてしまって。どうしたらいいのでしょか先生。

そうですね。それではまずミライさんの気持ちを視ていきましょう。
なぜヒカルさんに何も言わずに会社を辞めてしまったのか。何か理由があるのかどうかを視ていくことにしてみましょう。
私は霊視や透視のみで鑑定を行いますので、このまま気持ちを視ていきますね。

お願いいたします。

霊視や透視なんてすごい...!
TVの中でしかそんな言葉に触れてこなかった私はドキドキしながら先生の声に耳を澄ませます。

そうね。まず、ミライさんはヒカルさんに比べてあまり仕事を楽しんでいなかったみたい。
逆にヒカルさんよりもできない自分に対して劣等感を持っていたみたいですね。

え、そうなんですか?

むしろ自分がヒカルさんの足を引っ張っていると感じていて、辛い日々を送っていたみたい...。

...確かに、そう思っているのかなって感じたことはありました。

いつも慰めてあげてたのね。「気にしちゃダメ」って言っていたと思うんだけど。

はい、そうですね。お互いに支え合おうと思って、落ち込んでいるように感じたら、必ず声はかけていました。

そうね、それがちょっと負担だったという気持ちもあるみたい、彼女。
どうしても対等ではないというか引き離された気持ちにされてしまっていたみたいですね...。

私が、よくなかったんですかね...。

いいえ、そうじゃないのよ。
ただ、ヒカルさんは会社の仕事をある程度理解していた部分が多かったんじゃない?

はい。一応事務経験者だったので。

そうよね。だけどミライさんはどうしてもなじめないというか、全然違う職種で戸惑っていたみたいですよ。

あ...。

私は思い当たる節がありました。
深夜の勉強会では私がミライに教えてあげる事ばかりで、あまりにもミライが質問をするので「ちゃんと仕事やっているのかな、この勉強会を当てにしてあまり聞いていないのかな?」と疑問に思った事があったのです。

思い当たる部分があったみたいですね...。

先生は私の心の変化にもビシっと当てられました。

!!はい...。実はミライはクリエイティブな仕事に就いていたからか、事務の仕事がとても単調で、精神的に疲れてしまうと愚痴っていたことがあって。
もしかしたらその時、しんどかったのかな...。

そうですね。その時、ミライさんはあなたに辞めたいという事を伝えたかったのかも。
でも言えなかったのね。自分が辞めてしまったらきっとあなたが困ると思って思い直したのかも。

...私の事、本当に親友と思っていてくれたんですかね?ミライは私に本当の事を相談してくれなくて...。

大丈夫。ヒカルさんが思っている以上にミライさんはあなたの事を大切に思っているわ。
だけど、大切だからこそ言えないっていうこと、あるでしょう?

先生は優しく私に説明をしてくれました。

物を整理したり、規則に沿って並べたり計算するという労力は、物を創るクリエイティブな労力とは全く別のものでしょう?
ミライさんはどちらかというとゼロから物を作ることに向いている性格だったのね。そして光さんは今あるものを規則正しく並べたり整理したりと言った仕事にとても向いている性質を持っている。

はい。

ヒカルさんの大切にしている仕事を悪く言うと、ヒカルさんの大切なものを貶してしまう事になる。ミライさんはそう考えたみたい。

そんなことないのに...。

ミライさんは、そういった感受性の持ち主なのね。心優しくて、自分の事よりも他人のことを考えてしまうような。

まるでミライを知っているかと思うほど、正確に彼女の性格を当ててしまいました。

その通りです。ミライはとても優しい子で...。そっか、だから私にも何も言えなかったんだ...。

しばらく言葉が出ませんでした。

私、一番ミライの側にいたと思っていたのに、あまり分かっていなかったのかもしれません。

いいえ、そんな事はない。ミライさんが一番信頼しているのはヒカルさんです。それは間違いありません。

先生は私の気持ちを見抜いたかのように、優しい言葉をかけてくださいました。

あなた少し頑なな性格だと、自分で思っているし人からも言われるみたいだけれど、本当はとても優しい心を持っていますね。それがミライさんと惹かれあっている部分です。
二人はよく似ているんですよ。ミライさんはヒカルさんの良い部分をたくさん知っているし、あなたが気づいていない良い所も知っているんです。
だからこそ、大切な存在だし、自分の弱い所を見せてあなたのやる気を削いでしまう事は何としても避けたかったのね。

ミライが考えそうなことでした。

そっか、私はミライが自分勝手にやめたと勘違いしていたんですね。
...ミライが変わってしまった気になって。

寂しい気持ちになっていたんですね。

はい。だけど、そうやって気を遣って一人で悩んでしまうのはミライの悪い癖だった...。忘れていたのは私の方だったんですね。

いいえ、二人とも忘れてしまっていたんだと思いますよ。
だって学生時代じゃないもの。二人とももう自分の人生を歩み始め、ある程度自分の足で立って行ける成人ですから、ね。

先生が言った瞬間、私は「ああ、なるほど」と感じました。
そういえば、私たちは一緒に仕事をするという事で「学生時代に戻った」という気持ちになっていました。

そうですよね、なんだか二人で一緒にいることで、学生の時と同じような距離感になった気持ちでした。
でも本当のところは違ったんですね。

二人の関係は昔のままですよね。
でも、お互いに様々な人生の節目というか、経験を重ね、乗り越えて学生時代よりも何倍も成長している。
ヒカルさんが仕事をすることで世間を知り、経験を積んだように、ミライさんはクリエイティブな感性を磨いて、人の心にとても敏感になったんですね。みんなそうやってどんどん変わっていくのですね。

先生はそう言って、私に優しく語りかけてくれました。

そうですよね。ミライが変わったと思って遠ざけていたのは私の方だったかもしれません。

ですが、ミライさんはあなたの事を変わらず大切に思っています。
あなたの気持ちの変化に気が付いて悩んでいるのは、実はミライさんの方みたいですよ。

その言葉にハッとしました。すぐに電話をして謝らなければ。そう感じます。

ミライさんは今、自分の新しい道に向って歩いている所みたいです。新しい就職先を考えたり、自分の何が出来るのかを必死に模索している所。
ここでもし誤解が解かないと、二人の関係がヒカルさんの想像していたような...手の届かない所に行ってしまうという可能性もありますから。

手の届かないところという言葉を聞いて、私は「絶対に、嫌!」と感じました。とても焦る気持ちになり、すぐにでも彼女に連絡して会いたいと思いました。

すぐにミライに連絡を取りたい気分です。

それがいいでしょうね。大丈夫。その時は「本当の事」を話すようにしてみてください。誤魔化したりしても今のあなたたちには逆効果。
本当の事って、聞くのも言うのも勇気がいる事だけれど、あなたたちなら絶対に元の関係に戻れるし、何よりもうヒカルさんの心にはミライさんへの不信感はないはずだから。頑張ってね。

先生はそう言って励ましてくれました。
私は電話を切り、すぐにミライに電話をし、洗いざらい全てを話す事にしました。ミライに対して思っていた事や、やめると聞いた時の事などを正直に全て打ち明けました。その上で改めて「ずっと親友でいてほしい」と打ち明けたのです。

ミライも本当は仕事に対して「合わない」と感じていた事、そして私の事が羨ましくなってしまって、いじけたような気持ちになっていた事などを打ち明けてくれました。
お互いにとってとても辛い対話ではありましたが、先生の言った通り嘘偽りのない自分の気持ちを話す事で私たちは再び友情を確かなものにできたと感じます。今では私も仕事を辞め、新しい事務の仕事につき、ミライは在宅でデザイナーの仕事をはじめました。

何より先生は私の話を聞いただけでミライとの関係やミライの人柄もビシッと当てられてしまったので驚きでした。

鑑定結果

逸季先生は人の気持ちにとても敏感で、とても優しい鑑定をしてくださるという事が口コミを通して有名な先生です。
ダメな事や、結果があまりよくない事であっても、先生は悪い事をそのまま伝えるのではなく、必ず打開策と一緒に提案してくれる配慮をしてくれる先生。なので受け入れやすく、更に堅実的なお話をしてくれるんですね。

しかも透視や霊視で占をしているというだけあって、ピンポイントに問題を観てくれるので「当たった」と実感しやすい点も特徴です。
恋や仕事、そして友情など相手が居る相談はぜひ電話占いヴェルニの逸季先生に相談してみてください。

ヴェルニ公式ページ

ヒカルさん、今回は体験談ありがとうございました!
今でも仲良く友人関係が続いているというメッセージを拝見し、心からホッとしています。みなさんも占いに関する体験談や失敗経験など、なんでもOKですのでぜひぜひ飯田にメールしてくださいね♪
メールはこちらからどうぞ!

こちらも友人関係で占い師に相談した私の体験談の記事になります。占い師によって鑑定結果のアドバイスも変わってきますので、参考にして頂けたら幸いです!

クォーレのマリア先生の鑑定

それでは、今日も1日、みなさんに幸せな事がたくさんありますように!

飯田唯がおすすめする電話占いもチェック

私のブログにお越し頂いている読者様は「当たる占い師」「当たる占い」の情報を求めていると思います。
私は対面占いも好きですが、電話占いが一番好きです。
実際に試した上で、読者様におすすめできる電話占いをまとめましたので、無料ポイント分だけでも試して見て下さい★

-電話占い, 電話占いヴェルニ
-,

Copyright© 当たる電話占いランキングはコレ!飯田唯の占いジプシー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.